2006年09月02日

GNU Development Tools

p_plc_book01_large.jpg
GNU Development Tools
先日取り上げた本が無事本日、伊予の国より到着しました。 
さあ、gccと、hello.c で遊びましょう

かつてUNIX USER(現オープンソースマガジン)でGCCプログラミング工房を連載されていて、眼から鱗のよい記事を書かれていたのに、プッツリと2年ほど沈黙されていた(何かあったのかと心配しておりました)西田亙氏の出版です。いい仕事してます。
 PC-UNIXいじり始めの方、プログラマーで、考える間もなく gcc hello.c を通過してしまった方は見ておいて損はないです。

(いつかお遍路で伊予の国にたどりついたら著者にサインをもらいたいものです。)





最後まで読むと、○・○○○がいます(微笑)


posted by ketaru at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ブックレビュー
この記事へのコメント
この西田さんのサイトは、かなりつっこんだことまで書いてあるねぇ(私には専門的過ぎて、ちょっとしか分からんが)。
ネットで用が済むと、仕事する場所は田舎、都会関係ないだなぁ。
書いてある内容も、雰囲気が楽しそうで、うらやましくなったよ。

Posted by 大阪方面担当 at 2006年09月03日 10:56
いい時代になりました。
だれかが愉快にやっていると、
「なんだか楽しそう」と感染してゆくみたいよ。
つられて、自分もいい仕事ができちゃうような気がしたりして。

Posted by KETARU at 2006年09月03日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1214481

この記事へのトラックバック