2006年09月08日

ザ・マインドマップ

mindmap.jpg
ザ・マインドマップ

 電話で長話をしていると、ついメモに謎めいた幾何学模様を書いてしまったりしませんか?
 あるいは会議や講義でメモを取るのがとても苦手で、やっぱり妙な図形と僅かな単語を書きなぐるのが精一杯の人はいませんか?
私はそれでした。

 マインドマップという手法は
ひとつのキーワードから、連想されるものを放射状に枝を伸ばしながら追加してゆきます。
 その際、色やイメージを多用します。そうすると出来上がった絵を見て脳が喜びます。
 この記述方法は自分にはとても威力がありました。
 通常のノートの記述だと論理的なつながりを守ろうとするのか無意識に、検閲=>削除されてしまっているような要素も、単に「連想されるものは枝を伸ばす」ということで取りこぼすことなく追加されてゆきます。

 仕事ではMSプロジェクトを使ってスケジュールを出したりしていたのですが、実はその前にプロジェクトの構成要素のマインドマップを書いて、実際はそっちを見ながら実現の進行を考えていました。成立するもの、断念するもの、実現の壁が硬いので戦力を集中しなければならないもの。トラブルのようで実は大きな問題になりえないもの、等など。まるで生き物を見ているように、それぞれの枝の持つ物語を楽しみながら仕事を進めることができたのでした。

 お仕事にも、自己分析にも、読んだ本の要点の整理にも、気づいていなかったLINKの発見にも、使えます。コレは
posted by ketaru at 13:23| Comment(2) | TrackBack(2) | ブックレビュー
この記事へのコメント
けっこう幅広くいろんな情報を持っているねぇ。

私の方は、学部を卒業してから自分の専門分野以外の情報収集(吸収)をあまりしてなかったからなぁ。

いろいろあって、仕事関係も頭の中もごちゃごちゃだから、
この本読んで、分析してみようかなぁ。
ホント、このごろ、ごちゃっ、ごっちゃっなもんで、思考も行動も止まっちゃっていることが多いだよね。
Posted by 大阪方面担当 at 2006年09月09日 10:36
一見専門外のことに、面白い情報を見つかることって結構あるような気がします。

マインドマップはちょっと練習すれば簡単だから、ムツカシく考えずに使って見るとイイアルよ。
Posted by KETARU at 2006年09月09日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1237591

この記事へのトラックバック

マインドマップ
Excerpt: こんにちは。通販マーケッターの下地清隆です。先日、神田昌典氏とトニーブザン氏逢ってきました。残念ながら、個人的な写真は会場の都合で撮ることができませんでしたが、集合写真は神田先生とトニーブザン氏の近く..
Weblog: 二代目起業家のマーケティング道
Tracked: 2006-11-29 10:54

マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術
Excerpt: 使いはじめると、とにかく頭を使うのが楽しくなる、脳にとっての自然なノートの取り方「マインドマップ」。その方法を、カラフルなイラストでわかりやすく紹介する。さあ、いっしょに遊びながら学んでいこう!
Weblog: あなたに読んでもらいたい本
Tracked: 2007-02-10 04:09