2007年03月23日

明け六つ 暮れ六つ 計算 6 7度21分40秒の経緯

 国立天文台の天文情報センター様に問い合わせまして、丁寧な回答をいただきました。どうも、ありがとうございます。

--- 要点 ------------
 寛政暦での明け六つ、暮れ六つの定義は、京都における春秋分の日の出前(または日の入後)二刻半。(1日=100刻、2刻半=36分)
 そのときの視太陽の中心の伏角が7.36度。
 寛政暦書の7度36分の記述が7.36度の意味=60進法で7度21分36秒
 理科年表はもう少し精度よく計算し、かつきりのよい数値
 7度21分40秒を採用。
 計算に大気補正は不要

-----------------

なんと!ということは7度21分40秒というのは厳密には寛政暦書の数値では無かったわけですね。(とはいってもその数値の差は4秒=900分の1度ということになりますが)見つからないはずです。

繰り返しになりますが、話の筋としては
 日の出(入り)前(後)二刻半の定義が先、その時刻の太陽の伏角として定義しなおした数値が
 幕府天文方は7.36度と算出(寛政暦書)。国立天文台では精度を上げて数値7度21分40秒とした(理科年表)。

ということのようですね。これで今までいきなり数字が出てきて釈然としなかった部分に筋が通りました。いやはや。

 −つづくー

参考
http://www.nao.ac.jp/koyomi/topics/html/topics1992.html

「日の出・日の入りの計算」 長沢 工 著

読めるかなあ。
posted by ketaru at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3582405

この記事へのトラックバック