2012年07月30日

光合成細菌 1

光合成細菌の培養
IMG_20120728_090944.jpg

エサ 水約500mlに対してカツオブシ5gでだし汁。
(たまたま買ったパックが5g単位だっただけ。もっと良い濃度があるかも)

元菌 50ccくらいかなあ(適当)
 写真左より
1 M.P.B 福栄肥料
 正確には一度培養してみたときにタンクの壁にこびりついてた紅い膜を洗い落とした水。
2 P.S.B ペット用品のピンクの液体
3 田んぼの泥水
 緑ー>黒へと失敗したりしました。よさげなものを継いでいって純度を高めるらしい。

育て方
空気が入らないようにエサと元菌でいっぱいにした500mlペットボトルを明るくて暖かいところ(30〜40度くらい?)に置く。(といいつつちょっぴり空気が入っても大丈夫っぽい)
ただし、直射日光なんかにあたって高温になりすぎる環境だと失敗するようです。その場合は直射日光を避ける。

参考図書
「農家が教える光合成細菌とことん活用読本」農文協
 著者ごとに培養のいろいろなウンチクがあって面白いです。ブドウ糖だのサラダオイルだの塩の濃度など皆さんあれこれ試みていますね。

posted by ketaru at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学実験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57328594

この記事へのトラックバック